• 渋谷幕張高校吹奏楽部定期演奏会に出演

    毎年ご招待をいただき出演させていただいている渋谷幕張高校吹奏楽部の定期演奏会。今年は6月17日(日)に開催され、サイレント・ベルが出演させていただきました。
    毎年出演しているとはいえ、今年は緊張度がいつもとは違います。なぜなら、この場で新曲『いのちの歌』を初披露するからです。
    練習を積んできたものの、行きの車中では「うまくいくかなぁ?」とやや不安な様子。しかし本番が終わって感想を聞くと「うまくできた!」と手応えがあったようでした。
    毎年吹奏楽部の生徒たちによる楽しく感動的な演奏を聴かせていただき、また皆様からの温かいご厚志もいただき、本当にありがとうございました。

  • 避難訓練・消防設備取扱い講習

    6月8日(金)防災訓練を行いました。
    6月の訓練は入所・通所合同の避難訓練と、職員に対する消防設備取扱い講習を行っています。
    今年度は新しく入職した職員も多いので、非常に参考になったと思います。
    セルプ・ガーデンハウスでは日頃の防災意識の向上のために、毎月最初の日に防災頭巾を取り出し被る訓練と緊急用呼子を鳴らす訓練も行っています。
    「いざ」という時に1番役に立つのはやはり日頃の訓練しかありません。これからも高い防災意識を継続していきます。

  • 春のグループ外出

    5月後半~6月前半にかけて春のグループ別外出を行いました。
    例年通り、利用者さん達の希望を聞いて内容(行き先)を決め、今年はいちご狩り、映画、カラオケ、買い物の4つのコースとなりました。
    一番希望が多かったのは買い物でしたが、それぞれ小グループに分かれて行ったのでゆっくりと買い物ができたようでした。
    いちご狩りは今年は東庄町ではなく土気にあるいちご園に行き、その後はイオン鎌取で過ごしました。
    映画、カラオケもそれぞれ楽しかったようです!

  • 中学校への福祉教育

    昨年度より取り組みを始めた、将来の「福祉に関心ある街」にするための『中学校への福祉教育』。今年度は4月に千葉市立土気中学校で、5月に千葉市立越智中学校で行いました。
    土気中学校では昨年から、越智中学校では今年初めて行います。手話サークルのメンバー7名と3名利用者代表の10名で中学生と交流しました。
    内容としては、職員より「福祉・障害」についての説明、手話サークルの手話ダンス披露とグループに分かれての手話講習、そして最後に利用者さんから生徒たちに「障害を持っていて辛い思いをしたこと」や「本当はこのように助けてほしい」という生の声を聞いてもらい、そのことを真剣に考えてもらう機会にしています。

  • 千葉市身障者スポーツ大会&母の日コンサート

    5月13日(日)今年も2つのイベント、「千葉市身体障害者スポーツ大会」と「母の日コンサート」が同日に開催され、それぞれに参加してきました。
    例年通り千葉市身障者スポーツ大会は青葉の森公園陸上競技場で、母の日コンサートは千葉市民会館大ホールで行われました。
    母の日コンサートにサイレント・ベルとFLDが出演することもありスポーツ大会の参加者が少なくなってしまい、今年は3名の利用者がスポーツ大会に参加し、それぞれの競技に挑戦しました。
    スポーツ大会の参加者も、母の日コンサートの参加者も練習の成果を出せたようで、充実した日になりました。

  • 買い物外出を開始

    利用者さん達の加齢による身体機能の衰えと、その親御さんたちも当然高齢となり、外泊や外出の対応も難しくなってきています。
    利用者さん・ファミリーにとっての心配の1つが「必要な物の買い物ができなくなる」ことです。また、利用者さん個人の外出の機会も減り、精神的にもマイナスとなり、生活の質を落としてしまいます。
    今年度より職員を増員したことで、日中活動にて『買い物外出』を行うことができるようになりました。場所は土気にあるブランニューモールで、日常生活に必要な物は一通り揃います。また“お茶”をしてゆっくり過ごすなど、利用者さん達にとっては必要な買い物と気分転換を同時に行え、喜ばれています。

  • 施設でのリハビリ・マッサージを開始

    4月より『施設での訪問リハビリ・マッサージ』を始めました。
    年齢と共に身体機能が衰えてきており、利用者さん自身でそれぞれ個別にマッサージを依頼したり、部屋での簡単な筋トレ等を行ってきましたが、やはり「リハビリがやりたい」という希望は多くありました。
    12月の障害者週間記念講演で講師をしていただいた あいのて蒲田治療院の根岸院長が、講演からしばらくして「施設に施術者を常駐させ、リハビリ・マッサージを提供することができます」との連絡をくださり、これは利用者さんのニーズに応えられると早速取り入れることにしました。
    希望者はなんと22名!みんな嬉しそうに頑張っています!

  • 渋谷幕張高校吹奏楽訪問 見学&演奏会

    今年も渋谷幕張高校吹奏楽の皆さんが施設を訪問し、利用者さん達に演奏会を開いてくれました。
    今年は38人という大勢の生徒さんが来てくれ、先輩たちが施設建設運動に協力してくれたことの話しも含めて施設見学をし、それから演奏会を行いました。
    利用者さん達は、日頃このような吹奏楽の生演奏を聴ける機会はなかなかありません。毎年春のこのイベントをとても楽しみにしています。
    今年も素晴らしい音色の演奏を聴かせていただき、利用者さん達もとても喜んでいました。渋谷幕張高校吹奏楽の皆さん、ありがとうございました!

  • おやつ作り

    今回は『ぼたもち』です。お餅にきなこ・あんこの好きな方をまぶして食べました。
    炊き上がった餅米を棒で少し押しつぶして分け、ここから利用者さん達の腕の見せ所!押しつぶした餅をお椀に入れて、それにもう一つお椀を被せてフタをします。そこからシェイク!シェイク!餅米が固まる前に丸い形にしていきます。
    つき上がった餅は、最後にきなこかあんこの好きな方をラップにくるんでまぶしていきます。
    さぁ!自分でついた餅はおいしかったのでしょうか?
    食べている顔は…?みんなおいしそうでしたね!

  • 節分行事

    節分行事での利用者さんの楽しみは、何と言っても「鬼退治!」鬼に向かって豆をまく(投げつける)ことです(笑)
    今年の鬼は登場から怪しい雰囲気…イリュージョンを使ったり?クイズを出したり…シビレを切らした利用者さん達からたくさんの豆を投げつけられ撤収しました。
    その後のレクリエーションでは、いつも盛り上がる「人間ボーリング」大会。職員がピンとなり、投げられた大玉が当たると弾け飛びます。利用者さん達のストレス発散にもなっている?ようです(笑)
    そして昼食は行事食。今年は節分そば・オニ饅頭など、おいしくいただきました。